Texの使い方

** このページは作成中です **

インストール

MacTeX.pkgを入手する。
http://www.tug.org/mactex/downloading.html
https://tug.org/mactex/mactex-download.html

続けるを連打し、インストールをすれば良い。

TexShopがLaunchpadにあるので、ダブルクリックで開く。
適当なソースを開き、タイプセットでpdfファイルが作成されるか確認する。
タイプセットがない場合は、2本指クリック、ツールバーをカスタマイズを押し、タイプセットボタンを表示させる。


スタイルファイルの追加

ターミナルで以下のディレクトリに移動します(その直下のlatexでもいいらしい)。

cd /usr/local/texlive/texmf-local/tex/

次に、mkdirコマンドで適当なディレクトリを作り、そこに入手したor作成したスタイルファイルを入れます。入手の場合は、wgetコマンドを利用すると便利です。

sudo wget http://xxx.xxx.xxx/yyy.sty

その後、

sudo mktexlsr

コマンドを打ちます。これは、使用中のスタイルファイルを更新するコマンドです。この場所は、管理者権限じゃないといけませんので、sudoをつけます。

現在のtexディストリビューションは、texmfツリーを採用しています。これは、texmf-localに色々なファイルを置いておこうという仕組みで、この中におけば、だいたいのディストリビューションではきちんと読み込まれるようです(てきとうな説明です。texの詳細は詳しくありません)。/usr/local/texlive/texmf-localに移動して、lsをしてみると、fontsなどがありますね。ここら辺が設定ファイルのようです。


全角文字への対応

Texshopの環境設定を開く。
左下にある設定プロファイルを選択する。
pTeX(ptex2pdf) を選択する。
Texshopを一旦閉じて、再度開く。


ダブルクォーテーションの向きがおかしい

texでは、shift+2でダブルクォーテーションを打つと、開始側の向きがおかしい。
以下のように対応すればよい。

開始側: shift + @ (2回打つ)
終了側: shift + 2


figureのぶち抜き

二段組文章内で、1段組のでかい図を入れたい場合。以下のように米印を入れればok

¥begin{figure*}
...
¥end{figure*}

ただしこれだと、位置指定[t]にしか対応していない。位置指定[b]でもぶち抜きたい場合は、以下のパッケージをロードすれば良い。

¥usepackage{nidanfloat}

最初から入っている模様


文章作成のルール

「こと」、「もの」、「など」、「とき」、「わかった」、「したがって」は特段の理由がない限り、すべてひらがなで統一すること。

和文原稿の本文中の句読点は全角カンマと全角ピリオド(,.)で統一すること
ただし、和文原稿内に欧文が登場する場合は、そのときのみ半角カンマと半角ピリオドを用いる。

参考文献中の句読点は、和文・欧文いずれであっても、半角カンマと半角ピリオド(, .)で統一すること

半角カンマの後ろには、必ず半角スペースを入れること

長いアルファベットを省略し、それ以降で省略文字で記載するときは、以下のように省略すること。
ニューラルネットワーク (Neural Network; NN)
協調学習 (Collaborative Learning; CL)

丸括弧を使用するときは、中身が全角文字の場合には全角のカッコ()を用い、中身が半角文字の場合には半角のカッコ()を用いること

参考文献は以下のフォーマットとすること

論文の場合:

著者1, 著者2, 著者3, “ZZZに関する研究”, 雑誌名, Vol.m, No.n, pp.xx-xx, 2019.

Volは巻、Noは号を示します。
巻、号に相当するものがない場合には、省略すること。
半角カンマやピリオド、スペースは前述したルールを守ること。

Webの場合:

“Webページのタイトル”, URL: http//xxx.xxx, 閲覧日: 2019.01.01.

半角コロン、カンマ、ピリオド、スペースなどは必ず準拠のこと。
Webは一般に、内容が書き換わることがあるので、引用の際は閲覧した日付を記載し、その日のバージョンですと伝えるのが慣例です。
なお、この理由により、文献として適切ではないという意見もあります。

図が最後に行く

大きい図は、最後のページに行ってしまう場合がある。この場合、以下をプリアンブルに入れる。

\setcounter{topnumber}{100}
\setcounter{bottomnumber}{100}
\setcounter{totalnumber}{100}
\renewcommand{\textfraction}{0.0}
\renewcommand{\topfraction}{1.0}

arXivにアップロードするとき

アカウント登録は、フリーメールだと論文投稿ができない模様。

プリアンブル、「¥usepackage[dvipdfmx]{graphicx}」だと図が表示されないので、「¥usepackage{graphicx, color}」にする。

あとは、ないファイルをどんどんアップロードしていけばok