指導教員

氏名 大前佑斗 (31歳), 博士(工学)
主所属 日本大学生産工学部マネジメント工学科
(ビジネスマネジメントコース) 助教
兼任 人工知能リサーチグループ
異分野融合・イノベーションリサーチグループ

職歴

2019.04 – 現在 学校法人 日本大学 日本大学生産工学部マネジメント工学科 助教
2017.04 – 2019.03 独立行政法人 国立高等専門学校機構 東京工業高等専門学校 電気工学科 助教
2016.04 – 2017.03 スポーツ庁所管 国立スポーツ科学センター 情報工学グループ 研究員

学協会・専門分野

所属学会 IEEE/Member、人工知能学会、知能情報ファジィ学会、電子情報通信学会、日本教育工学会
専門分野 情報学、機械学習、人工知能、統計科学、数理最適化、オペレーションズ・リサーチ、信号処理、身体動作解析、マルチエージェントシミュレーション、教育工学

受賞(指導教員)

2020.01 IEEE Young Researcher Award: Computational Intelligence Society Japan Chapter(計算知能部門)
「人工知能によるトップアスリート支援」に関する業績に対して
2019.11 優秀賞ノミネート: 人工知能学会 ALST研究会
「人工知能によるアクティブラーニング支援」に関する業績に対して
2018.11 Best Paper Award: the 13th International Conference on Innovative Computing
「深層学習におけるコスト関数の設計と最適化アルゴリズムの考案」に関する業績に対して

受賞(指導学生)

2020.03 マネジメント部会賞: 日本大学生産工学部校友会(家富紗妃)
2018.10 準優勝: 第29回全国高専プログラミングコンテスト競技部門/49チーム中2位(チーム: 人間の力)
2018.03 学生奨励賞: 第80回情報処理学会全国大会(森雅也)

研究業績

原著論文(査読付き)30報、国際会議(査読付き)20報、国内学会発表80報程度の研究業績があります。詳細は以下をご覧ください。