Linuxコマンド

SSH接続関連

SSH接続設定の編集

vim /etc/ssh/sshd_config

sshdのスタート、停止、リスタート、ステータス

systemctl start sshd
systemctl stop sshd
systemctl restart sshd
systemctl status sshd


httpd通信関連

httpdの設定ファイルの編集

vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

httpdの外部ロード設定ファイルの置き場所
httpd.confに「IncludeOptional conf.d/*.conf」がある場合

cd /etc/httpd/conf.d

httpdのエラーログ(httpd.confの初期設定)

vim /etc/httpd/logs/error_log

httpdのスタート、停止、リスタート、ステータス

systemctl start httpd
systemctl stop httpd
systemctl restart httpd
systemctl status httpd


Firewall関連

xx番ポート開放

firewall-cmd --add-port=xx/tcp --permanent

xx番ポートの閉鎖

firewall-cmd --remove-port=xx/tcp --permanent

解放済みポートの確認

firewall-cmd --list-ports

リロード(変更の反映)

firewall-cmd --reload


ポート・プロセス管理

現在のプロセス表示

ps u

xx番ポートでの稼働状況を確認

lsof -i :xxxx

→ サーバ+portでの実行がおかしくなっている場合、前のプロセスが残っているので、これで探してkillする。

プロセス番号xxを終了

kill xx
kill -9 xx

→ psコマンドで番号を確認すること。-9をつけると強制終了
→ nohup コマンド & でバックグラウンド実行しているプロセスも、ps uで探し、killすると消せる。





ここから下は後で整理する。

Command

cd
ディレクトリ移動

ls
現在のディレクトリを表示します。

ls -l
権限ごと表示する。
dabcabcabc
2-4桁: 所有者の権限
5-7桁: グループの権限
8-10桁: 他人の権限
r: 読むことを許可
w: 書き込みを許可
x: 実行を許可

chmod ijk N
ファイルNに対する権限を変更する。
i: 所有者 j: グループ k: 他人
7: rwxを許可 6: rwを許可 5: rxを許可 4: rを許可
3: wxを許可 2: wを許可 1: xを許可

ex: chord 775 N
ファイルNについて、所有者はrwx、グループはrwx、他人はrxは許可される。

pwd
現在のディレクトリを表示する。

find D -name N
検索開始ディレクトリDから、ファイル名にNが含まれているファイルを検索する。-nameオプションを忘れやすいので注意すること。find / -name xxxとすれば、ルートディレクトリから探してくれる。

mdfind N
すべてのディレクトリから、ファイル名にNが含まれているファイル、ディレクトリを探す。Macのターミナルのみの模様

open N
Nを開きます。

vi N
vimでファイルNを開きます。

sudo+コマンド
root権限でコマンドを実行します。一般ユーザでは許可されていない動作を行う場合に使用します。


場所指定

/
ルートディレクトリ

../
一つ上のディレクトリ