研究業績

セミナー講師

  1. 2019.02.25 人工知能を活用した機械の故障検出システムの作り方, 大前佑斗, 南西フォーラムAIミニセミナー, さがみはら産業創造センター. [資料]
  2. 2018.08.28 人工知能による問題解決のスタートラインの立ち方-事例紹介と実体験を通じて-, 大前佑斗, 第40回南西フォーラム, AIで変わる“未来”と 実用化の“現在地”, ~ 中小企業における人工知能の活用可能性 ~, 町田市文化交流センター.

学術書

  1. The Science of Swimming and Aquatic Activities: Chapter 17. Human Activity Analysis on Swimming Based on Machine Learning, Signal Processing and Inertial Measurement Unit, Yuto Omae, Hirotaka Takahashi, Nova Science Publishers, 2018.08, ISBN:978-1-53614-028-6

競争的資金獲得

    代表としての資金獲得

  1. 2019.04-2022.03 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究, 熟達したトレーニング指導員の判断基準を獲得したディープラーニングモデルの構築, 代表者: 大前佑斗, 416万円.
  2. 2017.04-2019.03 日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B), ディープラーニングを活用した単一の慣性センサによる競泳パフォーマンスの定量化手法, 代表者: 大前佑斗, 234万円.
  3. 2017.09-2018.01 東京工業高等専門学校: 平成29年度重点配分経費 研究室立上奨励分野, 深層学習モデルにおける高感受性ニューロン探索のための特徴量空間評価関数の設計, 代表者: 大前佑斗, 30万円.
    分担としての資金獲得

  1. 2018.11-2021.03, 国立研究開発法人 情報通信研究機構: 委託研究 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発, 過疎地域の学校をAIが支援する遠隔協調学習システムで結ぶことにより地域課題の解決に対応する取り組み, 代表者: 八代一浩, 3000万円.
  2. 2017.04-2020.03 日本学術振興会: 科学研究助成事業 基盤研究(C), 多様な障害を持った学生に対応した早期技術者教育における実験実習教材の開発, 代表者: 西村亮, 416万円.
  3. 2018.11-2019.03 国立スポーツ科学センター: 平成30年度スポーツ医・科学研究事業, 機械学習を用いた試合分析方法確立のための研究, 代表者: 尾崎宏樹.
  4. 2018.06-2019.03 国立スポーツ科学センター: 平成30年度スポーツ医・科学研究事業, スポーツデータの解析に適した数理アルゴリズムの検討, 代表者: 伊藤浩志.
  5. 2017.06-2018.03 国立スポーツ科学センター: 平成29年度スポーツ医・科学研究事業, スポーツデータの解析に適した数理アルゴリズムの検討, 代表者: 伊藤浩志.
  6. 2016.04-2017.03 国立スポーツ科学センター: 平成28年度スポーツ医・科学研究事業, スポーツデータの解析に適した数理アルゴリズムの検討, 代表者: 伊藤浩志, 1200万円.
  7. 2016.04-2017.03 国立スポーツ科学センター: 平成28年度スポーツ医・科学研究事業, ITを活用したトレーニング支援システムの開発, 代表者: 伊藤浩志, 800万円.
  8. 2016.04-2017.03 国立スポーツ科学センター: 平成28年度スポーツ医・科学研究事業 オリンピック特別プロジェクト, 競技会場でのサポートシステムの構築, 代表者: 伊藤浩志, 220万円.

学術論文(査読あり)

  1. 相互閲覧型学習の分析支援を目的としたデータマイニングシステム, 大前佑斗, 古屋達郎, 水越一貴, 大島孝行, 榊原範久, 水落芳明, 八代一浩, 高橋弘毅, 電子情報通信学会論文誌D, vol.J102-D, no.4, pp.257-266, 2019.04.
  2. Consideration of Human Motion’s Individual Differences-Based Feature Space Evaluation Function for Anomaly Detection, Masaya Mori, Yuto Omae, Takuma Akiduki, Hirotaka Takahashi, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, vol.15, no.2, pp.783-791, 2019.04.
  3. 単一慣性センサとアンサンブル学習を活用した競泳中のターン区間推定, 小林幹京, 大前佑斗, 酒井一樹, 秋月拓磨, 塩野谷明, 高橋弘毅, 知能情報ファジィ学会論文誌: 知能と情報, vol.31 no.1, pp.597-602, 2019.02.
  4. A Novel Deep Learning Optimization Algorithm for Human Motions Anomaly Detection, Yuto Omae, Masaya Mori, Takuma Akiduki, Hirotaka Takahashi, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, vol.15, no.1, pp.199-208, 2019.01. [Best Paper Award]
  5. Data Mining for Discovering Effective Time-Series Transition of Learning Strategies on Mutual Viewing-Based Learning, Yuto Omae, Tatsuro Furuya, Kazutaka Mizukoshi, Takayuki Oshima, Norihisa Sakakibara, Yoshiaki Mizuochi, Kazuhiro Yatsushiro, Hirotaka Takahashi, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, vol.22, no.7, pp.1046-1055, 2018.11.
  6. 決定木による教育効果の言語化に基づく内省支援手法, 大前佑斗, 高橋弘毅, 日本教育工学会論文誌, vol.42, Supplement, pp.65-68, 2018.12.
  7. 近接性の確保と既存施設の継続利用による建替コストの削減を考慮した将来における施設配置手法, 高萩航, 酒井一樹, 大前佑斗, 住谷安史, 高橋弘毅, 日本経営工学会論文誌, vol.69, no.2, pp.84-93, 2018.07.
  8. Swimming Motion Classification for Coaching System by using a Sensor Device, Masahiro Kobayashi, Yuto Omae, Kazuki Sakai, Akira Shionoya, Hirotaka Takahashi, Takuma Akiduki, Kazufumi Nakai, Nobuo Ezaki, Yoshihisa Sakurai, Chikara Miyaji, ICIC Express Letters, Part B Applications, vol.9, no.3 pp.209-217, 2018.03.
  9. Feature Selection Algorithm Considering Trial and Individual Differences for Machine Learning of Human Activity Recognition
    Yuto Omae, Hirotaka Takahashi, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, vol.21, no.5, pp.813-824, 2017.09.
  10. Swimming Style Classification Based on Ensemble Learning and Adaptive Feature Value by Using Inertial Measurement Unit, Yuto Omae, Yoshihisa Kon, Masahiro Kobayashi, Kazuki Sakai, Akira Shionoya, Hirotaka Takahashi, Takuma Akiduki, Kazufumi Nakai, Nobuo Ezaki, Yoshihisa Sakurai, Chikara Miyaji, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, vol.21, no.4, pp.616-631, 2017.07. [JACIII Most Downloaded Papers, Jul.-Aug. 2017, JACIII Most Downloaded Papers, Apr. 2018]
  11. 留学経験が自発的活動・キャリア形成に与える影響の検討, 大前佑斗, 吉野華恵, 糟谷理恵子, 三井貴子, 高橋弘毅, 日本教育工学会論文誌, vol.40, Supplement, pp.21-24, 2017.01.
  12. Method of Determining Future Facility Location with Maintaining Present Accessibility, Wataru Takahagi, Yasushi Sumitani, Hirotaka Takahashi, Yuto Omae, Kazuki Sakai, Industrial Engineering and Management Systems, vol.15, no.3, pp.197-205, 2016.09.
  13. キャリアに対する認識の分析による進学動機変容の推定, 大前佑斗, 中平勝子, 土屋陽子, 宿院頼, 三井貴子, 高橋弘毅, 知能情報ファジィ学会論文誌: 知能と情報, vol.27, no.5, pp.743-756, 2015.10.
  14. 進路指導教育支援を目的とした心象状態の可視化手法, 大前佑斗, 中平勝子, 高橋弘毅, 土屋陽子, 宿院頼, 三井貴子, 福村好美, ヒューマンインタフェース学会論文誌, vol.17, no.2, pp.127-138, 2015.05.

国際会議プロシーディングス(査読あり)

  1. Performance Analysis of “edulog” System, Kazutaka Mizukoshi, Tatsuro Furuya, Takayuki Oshima, Norihisa Sakakibara, Yoshiaki Mizuochi, Yuto Omae, Hirotaka Takahashi, Kazuhiro Yatsushiro, Proceedings of the 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, Paper WeC1.2, pp.583-588, 2017.12.
  2. Machine Learning-Based Collaborative Learning Optimizer toward Intelligent CSCL System, Yuto Omae, Tatsuro Furuya, Kazutaka Mizukoshi, Takayuki Oshima, Norihisa Sakakibara, Yoshiaki Mizuochi, Kazuhiro Yatsushiro, Hirotaka Takahashi, Proceedings of the 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, Paper WeC1.1, pp.577-582, 2017.12.
  3. Rubric Evaluation for Project Research as Active Learning in Super Science High School, Yuto Omae, Mitsui Takako, Hirotaka Takahashi, Proceedings of the 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.827-831, 2016.12.
  4. Effect on Satisfaction through Super Science High School’s Education, Yuto Omae, Mitsui Takako, Hirotaka Takahashi, Proceedings of the 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.146-150, 2015.12.
  5. Toward Classification of Swimming Style by using Underwater Wireless Accelerometer Data, Yoshihisa Kon, Yuto Omae, Kazuki Sakai, Hirotaka Takahashi, Takuma Akiduki, Chikara Miyaji, Yoshihisa Sakurai, Nobuo Ezaki, Kazufumi Nakai, Proceedings of the 19th International Symposium on Wearable Computers, pp.85-88, 2015.09.
  6. A Method to Understand Psychological Factors Needed to Improve Learning Behavior, Yuto Omae, Katsuko T. Nakahira, Hirotaka Takahashi, Proceedings of the Seventh International Conference on Advanced Cognitive Technologies and Applications, pp.165-168, 2015.03.
  7. Proposal of an Educational Design to Improve High School Science Students’ Motivation to Enroll in a University’s Department of Science and Engineering, Yuto Omae, Katsuko T. Nakahira, Hirotaka Takahashi, Proceedings of the Seventh International Conference on Advanced Cognitive Technologies and Applications, pp.27-30, 2015.03.

大学紀要・報告書

  1. スポーツデータの解析に適した数理アルゴリズムの検討, 伊藤浩志, 相原伸平, 松本実, 田村尚之, 塩野谷明, 吉田孝久, 志賀充, 大前佑斗, 2017年度国立スポーツ科学センター年報, pp.51-52, 2018.06.
  2. 競技会場でのサポートシステムの構築, 伊藤浩志, 相原伸平, 松村真一, 澤田みのり, 松本実, 宍戸英彦, 深尾拓生, 大前佑斗, 杉山恵令奈, 2016年度国立スポーツ科学センター年報, pp.53-54, 2017.06.
  3. ITを活用したトレーニング支援システムの開発, 伊藤浩志, 相原伸平, 大前佑斗, 宍戸英彦, 深尾拓生, 松村真一, 松本実, 2016年度国立スポーツ科学センター年報, pp.49-50, 2017.06.
  4. スポーツデータの解析に適した数理アルゴリズムの検討, 伊藤浩志, 相原伸平, 大前佑斗, 宍戸英彦, 田村尚之, 2016年度国立スポーツ科学センター年報, pp.41-42, 2017.06.
  5. 山梨英和中学校・高等学校における課題研究のルーブリック評価, 大前佑斗, 吉野華恵, 三井貴子, 高橋弘毅, 山梨英和大学紀要, vol.15, pp.23-30, 2017.04.
  6. 国際的環境科学者志望意欲の向上を目的とした教育実践とその効果(− スーパーサイエンスハイスクール指定校による教育実践 −), 大前佑斗, 吉野華恵, 大島敦子, 三井貴子, 高橋弘毅, グローバル人材育成教育研究, vol.3, no.1, pp.19-29, 2016.06.
  7. Global Studiesによる教育実践がグローバル人材志望意欲に与える影響の推定
    大前佑斗, 糟谷理恵子, 吉野華恵, 三井貴子, 高橋弘毅, グローバル人材育成教育研究, vol.3, no.1, pp.30-39, 2016.06.
  8. 山梨英和中学校・高等学校におけるスーパーサイエンスハイスクールによる教育実践, 大前佑斗, 吉野華恵, 大島敦子, 三井貴子, 高橋弘毅, 山梨英和大学紀要, vol.14, pp.78-88, 2016.04.

学会発表

  1. Intelligent edutab について, 大前佑斗, 第4回edutabフォーラム「Society 5.0時代のICT教育」, 2019.03.09.
  2. 直並列型Denoising Autoencoderを用いたバースト重力波解析におけるノイズ除去の基礎的検討, 林滉之, 酒井一樹, 高橋弘毅, 大前佑斗, 電子情報通信学会技術研究報告集(ニューロコンピューティング研究会), vol.118, no.470, NC2018-55, pp.67-71, 2019.03.04.
  3. 同期型CSCLによって学習状況を可視化した環境が小学生の批判的思考に与える効果の研究, 榊原範久, 大島崇行, 古屋達朗, 大前佑斗, 水落芳明, 第17回臨床教科教育学セミナー, 2019.01.05.
  4. 生体・身体動作特徴量の覚醒度への寄与に関する研究, 坪和完, 秋月拓磨, 章忠, 高橋弘毅, 大前佑斗, 2018年SICE中部支部若手研究発表会, 2018.11.29.
  5. Detection of Driver’s Internal State using Body-Worn Sensors
    Takuma Akiduki, Jun Nagasawa, Zhong Zhang, Hirotaka Takahashi, Yuto Omae, Proceedings of the 8th Biennial Workshop on Digital Signal Processing for In-Vehicle Systems, Oct. 7th – 9th, 2018, Nagoya University, Japan, O2-4(1)-(6), 2018.10.08.
  6. Estimation Method of Turn Section by Ensemble Learning for Swimming Motion Coaching System, Masahiro Kobayashi, Yuto Omae, Kazuki Sakai, Takuma Akiduki, Akira Shionoya, Hirotaka Takahashi, The 7th International GIGAKU Conference, 2018.10.
  7. A Novel Deep Learning Optimization Algorithm for Human Motions Anomaly Detection, Yuto Omae, Masaya Mori, Takuma Akiduki, Hirotaka Takahashi, Proceedings of the 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018), p.46, August 20–23, 2018, Lianyungang, China, 2018.08.
  8. Consideration of Human Motion’s Individual Differences-based Feature Space Evaluation Function for Anomaly Detection
    Masaya Mori, Yuto Omae, Takuma Akiduki, Hirotaka Takahashi
    Proceedings of the 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018), p.66, August 20–23, 2018, Lianyungang, China, 2018.08.
  9. 直並列型デノイジングオートエンコーダの提案とノイズ除去性能評価, 林滉之, 大前佑斗, 第34回ファジィシステムシンポジウム, 2018.09.03.
  10. エントロピー基準による相互閲覧型学習の不足閲覧時間の同定とリアルタイムフィードバックに関する検討, 大前佑斗, 古屋達朗, 水越一貴, 大島崇行, 榊原範久, 水落芳明, 八代一浩, 高橋弘毅, 第34回ファジィシステムシンポジウム, 2018.09.03.
  11. 単一慣性センサとアンサンブル学習を活用したターン区間の推定, 小林幹京, 大前佑斗, 酒井一樹, 秋月拓磨, 塩野谷明, 高橋弘毅, 第34回ファジィシステムシンポジウム, 2018.09.03.
  12. ドライバ状態推定のための装着型センサを用いた体動検知手法の検討, 諏訪航司, 秋月拓磨, 章忠, 高橋弘毅, 大前佑斗, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2018, pp.2P1-L13(1)-2P1-L13(4), 2018.06.03.
  13. 機械学習と数理最適化による最適な学び合いネットワークの構成手法, 大前佑斗, 古屋達朗, 水越一貴, 大島崇行, 榊原範久, 水落芳明, 八代一浩, 高橋弘毅, 電子情報通信学会技術研究報告集(ヒューマンコミュニケーション基礎研究会), no.118, vol.49, pp.107-112, 2018.05.21.
  14. 身体動作の異常値検知問題におけるCHI-FS評価関数の信頼性の検証, 森雅也, 秋月拓磨, 高橋弘毅, 大前佑斗, 情報処理学会第80回全国大会, 2018.03.13.
  15. 畳込みニューラルネットワークと慣性センサによる運動支援システムの構築, 森雅也, 大前佑斗, 情報処理学会第80回全国大会, 2018.03.13.
  16. 知能情報処理を活用した学び合い支援システム [招待有り], 高橋弘毅, 大前佑斗, 第2回高専-技科大AL研究集会 -ALへの戸惑いと悩みに対する解決策とは-, 2018.03.07.
  17. 同期型CSCLシステムを通した学習履歴の相互閲覧が学習のまとめレポートに与える効果に関する研究, 古屋達朗, 大前佑斗, 水越一貴, 榊原範久, 八代一浩, 水落芳明, 第17回臨床教科教育学セミナー, 2018.01.
  18. 同期型CSCLで学習状況を可視化したアクティブ・ラーニングにおける教師の言動の傾向性に関する研究, 榊原範久, 大島崇行, 古屋達朗, 水落芳明, 八代一浩, 水越一貴, 大前佑斗, 第17回臨床教科教育学セミナー, 2018.01.
  19. 装着型センサを用いたドライバ状態検出手法の検討, 秋月拓磨, 長澤潤, 章忠, 神尾郁好, 高橋弘毅, 大前佑斗, 統数研・共同研究集会「複雑系の逆問題とその周辺(2)」, 2017.12.21.
  20. 生理・身体情報を用いたドライバ状態検出手法の検討, 長澤潤, 秋月拓磨, 神尾郁好, 高橋弘毅, 大前佑斗, 章忠, 第60回自動制御連合講演会(SuI1: OS019: スキルアシスト&トレーニング), Sul1-1, 2017.11.10.
  21. 深層学習と慣性センサを活用した個別ストローク動作開始タイミングの推定手法, 大前佑斗, 小林幹京, 酒井一樹, 塩野谷明, 高橋弘毅, 宮地力, 櫻井義久, 中井一文, 江崎修央, 秋月拓磨, 電子情報通信学会技術研究報告(パターン認識・メディア理解研究会), 117(238), pp.155-160, 2017.10.12.
  22. 知能情報処理を活用した学び合い支援システムCollaborative Learning Optimizer の提案 -モデル構造と学習者の個性に関する検討-, 大前佑斗, 古屋達朗, 水越一貴, 大島崇行, 榊原範久, 水落芳明, 八代一浩, 高橋弘毅, 電子情報通信学会技術研究報告(パターン認識・メディア理解研究会), 117(238), pp.193-198, 2017.10.12.
  23. Swimming motion classification for swimming motion coaching system by using a sensor device, Masahiro Kobayashi, Yuto Omae, Kazuki Sakai, Akira Shionoya, Hirotaka Takahashi, Takuma Akiduki, Kazufumi Nakai, Nobuo Ezaki,Yoshihisa Sakurai, Chikara Miyaji, The 6th International GIGAKU Conference in Nagaoka, 2017.10.
  24. 身体動作の個人差に対してロバストな特徴量空間評価関数の提案, 森 雅也, 秋月 拓磨, 高橋 弘毅, 大前 佑斗, 電子情報通信学会技術研究報告(パターン認識・メディア理解研究会), 117(210), pp.1-6, 2017.09.15.
  25. Swimming Motion Classification for Coaching System by Using a Sensor Device, Masahiro Kobayashi, Yuto Omae, Kazuki Sakai, Akira Shionoya, Hirotaka Takahashi Takuma Akiduki, Kazufumi Nakai, Nobuo Ezaki, Yoshihisa Sakurai, Chikara Miyaji, The 12th International Conference on Innovative Computing, Information and Control, 2017.08.
  26. 現在の近接性確保を目的とした将来の施設配置決定手法 -既存施設による代替の考慮-
    高萩航, 大前佑斗, 酒井一樹, 住谷安史, 高橋弘毅, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.337-338 (3-D-12), 2017.03.17.
  27. 機械学習が支援するedutab [招待有り], 大前 佑斗, 第2回edutabフォーラム「進化するEdutab」ICTを活用した教育の実践 2017.03.05.
  28. SSHの研究活動におけるルーブリック評価 [招待有り], 高橋弘毅, 大前佑斗, 三井貴子, 第2回edutabフォーラム「進化するEdutab」ICTを活用した教育の実践, 2017.03.05.
  29. アンサンブル学習の応用によるウェイトトレーニング質判定のための慣性センサ装着箇所の検討, 大前佑斗, 伊藤浩志, 中川康二, 田村尚之, 櫻井義久, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門研究会, pp.1995-2000, 2016.12.16.
  30. 競技スポーツ向けウェアラブルセンサー「JISSBAND」の開発, 伊藤浩志, 松村真一, 大前佑斗, 相原伸平, 第13回JISSスポーツ科学会議 オリンピック・パラリンピックと スポーツ医・科学 〜RioそしてTokyoへ〜, 2016.11.29.
  31. 自動解析機能付きビデオプレーヤー「JISSVIS」の開発, 松本実, 宍戸英彦, 伊藤浩志, 松村真一, 大前佑斗, 相原伸平, 第13回JISSスポーツ科学会議 オリンピック・パラリンピックと スポーツ医・科学 〜RioそしてTokyoへ〜, 2016.11.29.
  32. 人工知能によるトレーニング運動の質判定に向けた慣性センサ装着箇所の検討, 大前佑斗, 伊藤浩志, 相原伸平, 宍戸英彦, 松本実, 田村尚之, 中川康二, 櫻井義久, 第13回JISSスポーツ科学会議 オリンピック・パラリンピックと スポーツ医・科学 〜RioそしてTokyoへ〜, 2016.11.29.
  33. アクティブラーニングにおいて学習状況を可視化するための同期型CSCLの開発と実践
    榊原範久, 松澤健彦, 大島崇行, 水落芳明, 八代一浩, 高橋弘毅, 古屋達郎, 水越一貴, 大前佑斗, 臨床教科教育学研究会, 2016.11.19.
  34. Swimming Style Classification for System of Swimming Performance Evaluation, Yoshihisa Kon, Kazuki Sakai, Masahiro Kobayashi, Akira Shionoya, Hirotaka Takahashi, Yuto Omae, Yoshihisa Sakurai, Takuma Akiduki, Chikara Miyaji, Nobuo Ezaki, Kazufumi Nakai, The 5th International GIGAKU Conference, p.55 (P-49), 2016.10.06.
  35. Future Facility Location with Maintaining Present Accessibility, Wataru Takahagi, Kazuki Sakai, Yuto Omae, Yasushi Sumitani, Hirotaka Takahashi, The 5th International GIGAKU Conference, p.51(P-45), 2016.10.06.
  36. センサデバイスを用いた泳動作指導システムのためのストローク周期の分析, 小林幹京, 大前佑斗, 昆慶久, 酒井一樹, 高橋弘毅, 塩野谷明, 宮地力, 櫻井義久, 中井堅誠, 中井一文, 秋月拓磨, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 2016.06.
  37. 将来の近接性確保を目的とした施設配置決定手法, 高萩航, 大前佑斗, 酒井一樹, 住谷安史, 高橋弘毅, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.187-188, 2016.03.17.
  38. 競泳選手に対する泳動作情報表示システムの開発, 中井堅誠, 中井一文, 江崎修央, 昆慶久, 大前佑斗, 酒井一樹, 小林幹京, 高橋弘毅, 秋月拓磨, 宮地力, 櫻井義久, 電子情報通信学会総合大会, D-9-17, 2016.03.16.
  39. 山梨英和中学校・高等学校での活動データから ~生徒の特徴に着目した教育振り返り支援~ [招待有り], 大前佑斗, 高橋弘毅, 第1回edutabフォーラム「Edutabの可能性を探る」ICTを活用した教育の実践, 2015.11.20.
  40. データ駆動型アプローチによる競泳コーチング支援環境, 大前佑斗, 昆慶久, 酒井一樹, 高橋弘毅, 秋月拓磨, 宮地力, 櫻井義久, 江崎修央, 中井一文, スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2015, A-14, 2015.10.
  41. 泳動作指導システム開発に向けた泳法判別, 昆慶久, 大前佑斗, 酒井一樹, 高橋弘毅, 秋月拓磨, 宮地力, 櫻井義久, 江崎修央, 中井一文, スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2015, A-15, 2015.10.
  42. 将来の公共サービス公平性確保を目的とした施設配置決定手法, 高萩航, 大前佑斗, 酒井一樹, 住谷安史, 高橋弘毅, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, pp.10-11 (1-G-2), 2015.09.10.
  43. スーパーサイエンスハイスクールにおける教育実践が理系分野に対する認識・理系大学への進学意欲に及ぼす影響, 大前佑斗, 中平勝子, 三井貴子, 高橋弘毅, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, pp.153-154 (H2-4), 2015.09.
  44. 学力と学習行動の関係の分析, 大前佑斗, 中平勝子, 高橋弘毅, 土屋陽子, 宿院頼, 三井貴子, 福村好美, 電子情報通信学会総合大会, 情報・システム講演論文集1, p.209 (D-15-30), 2015.03.
  45. ICTを活用した進路選択のモチベーション向上のための集団適応型教育デザイン, 大前佑斗, 中平勝子, 高橋弘毅, 情報システム教育学会ワークショップ, 2015.03.
  46. スーパーサイエンスハイスクールにおける教育活動が学習行動に及ぼす影響の分析, 大前佑斗, 中平勝子, 高橋弘毅, 土屋陽子, 宿院頼, 三井貴子, 福村好美, 日本教育工学会研究報告集, 14(5), pp.97-104, 2014.12.
  47. ARCSモデルに準拠した個人特性-教授方略に対する学習意欲変容の推定, 大前佑斗, 中平勝子, 高橋弘毅, 宿院頼, 土屋陽子, 三井貴子, 福村好美, 電子情報通信学会技術研究報告(教育工学研究会), 113(377), pp.49-54, 2014.01.04.
  48. 授業設計への適用を目指したARCSモデルに基づく学習意欲変容の検討, 大前佑斗, 中平勝子, 福村好美, 電子情報通信学会技術研究報告(教育工学研究会), 113(254), pp.19-24, 2013.10.09.
  49. 積分解法スキル獲得のためのICTを活用した学習デザイン, 大前佑斗, 中平勝子, 福村好美, 情報システム教育学会学生研究発表会, 2013.03.
  50. ICTを活用した積分演習の効率化に関する検討, 大前佑斗, 中平勝子, 福村好美, 情報処理学会第74回全国大会講演論文集, pp.813-814, 2012.03.06.
  51. 高専生の数学に対する理解度の調査結果および教育工学への応用, 大前佑斗, 日本高専学会第17回年会, 2011.08.27.
  52. 北海道釧路市に出現する霧の特徴, 佐川正人, 松岡孝佳, 中屋敷祐太郎, 大前佑斗, 2010年度日本地理学会秋季学術大会, 2010.11.22.
  53. 知床半島羅臼における強風時の気圧変動, 佐川正人, 大前佑斗, 日本気象学会大会講演予講集, p.348, 2010.09.30.

査読歴

  1. 2編, 知能情報ファジィ学会論文誌: 知能と情報, 2019.
  2. 1編, International Journal of Sensors, Wireless Communications and Control, 2017.
  3. 1編, 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2017.
  4. 2編, 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2016.